Trevor Andrew

Gucci Ghost

Trevor Andrew aka Gucci Ghost はポップアートとストリートスタイルを交えた作品を通して全世界に知られている。
彼はスノーボードのオリンピック選手(長野とソルトレークオリンピックに参加)を経てBurton社専属のプロとして活躍した後、独自の感性を活かしたアーティストへとキャリアを移した。
彼を象徴する芸術スタイルは、ロゴデザインに対する強い興味から作り上げられている。特にGucci ロゴへのオブセッションは、ブランドのクリエーティブディレクターであるAlessandro Micheleの目に留まり、老舗ファッションブランドとストリートアートの夢のコラボレーションが実現した。結果2016年のGucciの売り上げは前年比140%以上という史上最大の伸び率を記録するに至った。
このGucciとのコラボレーションをきっかけにTrevorはBurton, Reebok, Oakley などのファッション・スポーツブランドやRolling Stonesや2Chainz等のアーティストとの数々のコラボレーションを発表している。
彼の作品はこれまでNYのMilk Gallery, Deitch Projects、東京のDover Street Market Ginzaなどのギャラリーで展示されてきた。
2020年春夏からは、自身のファッションブランドREAL BUYも本格的に展開している。

作品特性

作品は全て“床”から始まる。制作にはイーゼルや机、コンピューターを一切使わず、床に直接敷かれた紙やキャンバス、ビンテージの洋服の上へとデザインされていく。
また、絵画やオブジェだけではなく、音楽やビデオなどの作品も手掛けている。

最近の活動

TrevorがNFTのスペースに進出したのは2019年。その後、勢いよく成功し2020年11月中旬に発表したファーストコレクションは12秒で完売。翌年3月のドロップでは、彼の作品は350万ドルもの収益を生み出し、世界のNFTアーティストのトップ15にも入っている。

  • Web Site
  • instagram
  • youtube
  • facebook
  • twitter