Bernard Rancillac

パリのアレー通りに5人兄弟の長男として生まれた。作品制作の傍ら、パリ第一大学や中国の主要な美術大学でも教鞭をとる。2021年11月29日、90歳で死去。

制作活動

1959年から1962年まで、ランシラックはS.W.ヘイターのアトリエ17でエングレーヴィングを学ぶ。1961年には、パリ・ビエンナーレで絵画賞を受賞。

1964年、ポップアートに刺激を受けたフランス作家たちによる「ナラティブ・フィギュレーション」運動が展開されるなか、テレマックらと共に 新しい絵画的アプローチを促進するグループ展「Mythologies quotidiennes(日常の神話)」(1964年)を開催している。

1966年、唯一の家具作品である「Elephant Chair」を制作。1968年5月にパリ装飾美術館で開催された「Les Assises du siège contemporain」展の一部として発表。

  • Web Site
  • facebook

Exhibition